HISTORY

ヒストリー

変化し続けるクロレッツ30年の歴史

発売以来30年間、クロレッツは時代と共に進化しながら、
息スッキリ”をお届けし続けてきました。

1951

「世界初の粒ガム」として米国で誕生

1985

クロレッツ日本で発売

世界初のスティック型個包装粒ガムとして発売直後から話題にし、大きな成功をおさめた後、日本で発売

1991

クロレッツの板ガム登場

食べやすいスリムな形状で人気を博す

1998

クロレッツ クール発売

クールで爽やかな味を求めるミントガムユーザーの期待に応え、新機能の「冷涼感」をプラス 現在の「クロレッツ クリアミント」は、この冷涼感機能と青いパッケージを継承している

2000

パッケージ・処方ともに ブランド初の全面リニューアル

従来品と比較して2倍の「息スッキリ」効果を実現

2002

成分や処方を大幅に改良し、味長続きを実現した「クロレッツ XP」へパワーアップ

味長持ちを実現する独自技術「ロングラスティング製法」を採用 XPはエクストラパフォーマンスの略で、「息スッキリ」+「味長続き」へ進化

2004

クロレッツ オリジナルミントLボトル発売

粒ガムの大容量形状が、オフィスのデスク上や車内の常備にピッタリと人気に

2010

業界初!「30分間味長持ち」をコンセプトに、発売25周年を記念してリニューアル

2013

ブランド初のフルーツミント味

「クロレッツ XP グリーンライムミント」発売

2015

日本発売30周年を記念して、 クロレッツ XP リニューアル

2016

ピンクグレープフルーツ ミント発売

「クロレッツ XP ピンクグレープフルーツミント」、「クロレッツ ミントタブ ピンクグレープフルーツミント」発売

2017

ガム・ミントタブ同時リニューアル

ガムは新配合アクティフレッシュでお口スッキリがついに40分へ。ミントタブは新配合メントールクリスタルで速攻お口スッキリ10分続く!